nick's journey

英語の勉強を考える

英語の勉強法を考える

英語に限らず、勉強の方法については、その人にあうあわないや向き不向きがあるでしょう。その中で自分にどの勉強があっているかをはじめにリストアップして確認しておくことが大切だと個人的には感じています。

 

好きなことを取り入れる

私は元々読書が大好きなので、図書館によく行くのですが、そこの語学学習コーナーには多くの面白い語学学習に関する書が並んでいます。本自体が好きで読んでいても集中できるので自分の勉強に取り入れています。

 

ポイント

自分が面白そうと興味をひかれた本だけを読む
とくに学校で教えられる教え方と違った切り口から書かれている場合もあるので、新鮮なので頭に入りやすいこともあります。人間の脳は、新鮮なワクワクする体験は記憶に定着しやすいと研究結果がでておりますので、効果的だと思います。

 

楽しみながら勉強できることが継続には一番
DVDやCDがついているものも、もちろん貸し出してくれるので、活用の価値は大有りです。勉強に飽きずに継続して取り組ることがなによりも勉強におすすめの方法になります

 

 

英語の勉強は自分にあった方法で

・自分の興味、楽しみを英語に取り入れる
・勉強方法そのものに固執せず、長く取り組める方法を
・英語の学習の目的、目標を明確にする
・些細な時間でも毎日英語に触れる

 

 

英語を英語で勉強する方法

英和辞典の他に英英辞典を用意し、簡単で面白そうな洋書(もちろん英語の)英語で問題が書かれている英語の問題集(書店で手に入ります)を用意します。

 

洋書を読み始めて解らない単語が出てきたら、英英辞典で調べ、その説明文の中にも解らないところがあれば、英和辞典で調べます。

 

 

それを繰り返していると、いつの間にか英和辞典を開かなくても英語で英語の意味を理解することができるようになり、言い回しも自然に覚えていきます。これをある程度続けて慣れてきたら、次に英語で書かれた問題集を解いてみます。
すると、英語で書かれた質問文が読めるようになっていたり、語彙力があがって理解できるようになっているケースがあるので、本が好きな人は試してみてはどうでしょうか。

 

この積み重ねで、少しずつレベルを上げていくと、日本語で英語学習をするのに比べてずっと早く、英語を理解できるようになります。頭の中に英語がいっぱいになって、英語で考えられるようになりますよ。

 

英会話は実践が何より

英会話の勉強については、やはり何よりも経験が第一です。これに勝ることはありません。机に向かって勉強して補える知識といった部分というのと、会話の経験というのは全く違う領域です。

 

どれだけ多くの経験を積んで、いろいろと失敗しながらその都度修正していくこと自体が英会話の何よりも勉強になります。英語 話せるようになりたいと思ったら、こういった経験の部分を大切にしていくようにしましょう。